Home
概要
チュートリアル

リンク
Home > チュートリアル > ユーザーとのメッセージ送受信

ユーザーとのメッセージ送受信

マルチユーザーコンテンツ作成の基本となるデータの送受信について解説します。

ユーザーからのメッセージを送り返す

ユーザーからメッセージを受け取るには、onCommand(client, command)イベントハンドラを使用します。またユーザーにメッセージを送るには、client.send(message)メソッドを利用します。
この二つを組合わせると、ユーザーにメッセージを送り返すことができます。
//コード例 echo.js
function onCommand(client, command){
	//ユーザーにメッセージを送信
	client.send(command);
	
	//接続を継続する
	return true;
}
echo.jsをGPSS/scriptsディレクトリに保存し、testClient.swfでSocklet "echo"に接続して、適当な文字列を送信して、同じ文字列が結果として表示されていれば成功です。

ユーザー全員にメッセージを転送する

GPSS Script Socklet標準組み込みオブジェクトであるapplicationオブジェクトを使うと、接続しているユーザー全体に対する処理を行うことができます。application.sendToAllClients(message)メソッドを利用すると、ユーザー全員にメッセージを送信できます。
//コード例 echoall.js
function onCommand(client, command){
	//全ユーザーにメッセージを送信
	application.sendToAllClients(command);
	
	//接続を継続する
	return true;
}
echoall.jsをGPSS/scriptsディレクトリに保存し、複数のtestClient.swfでSocklet "echoall"に接続して、適当な文字列を送信して、同じ文字列がすべてのクライアントに表示されていれば成功です。


サンプルFlash

echoall.jsに接続するサンプルコンテンツです。
黒い四角形をマウスでクリックすると、四角形から煙が出ます。複数のブラウザを開いてクリックするとマルチユーザーで動作していることが確認できます。
四角形がクリックされると、クリックされたムービークリップ名をサーバーに送信します。Flashがサーバーからムービークリップ名を受け取ると、該当するムービークリップのアニメーションを再生します。

Flashソースファイル multitest.fla

シンプルなチャットサンプル

前へ|次へ

現在このサイトを 人の方がみています