Home
概要
チュートリアル

リンク
Home > チュートリアル > GPSS Script Sockletとは

GPSS Script Sockletとは

GPSS Script Sockletを利用すると、マルチユーザーコンテンツを容易に作成することができます。ここではGPSS Script Sockletの概要を紹介します。

GPSSとは

GPSSはFlashMX用汎用ソケットサーバーで現在開発が進められている、Flash XMLSocket用の汎用サーバーです。フリー利用が可能で、ソースも公開されています。またサーバーはすべてJAVA言語で書かれており、WindowsやLinuxなど様々な環境で運用することができます。
独自のSocklet仕様に従って、JAVA言語でプログラムを作成することで、サーバーの動作を自由に設定することができます。

GPSS Script Sockletとは

GPSS Sockletを自分で作成するにはJAVA言語を利用しますが、JAVA言語になじみの無い方には敷居が高く感じられることと思います。
GPSSでは、JavaScript(ECMA Script)を用いて、Sockletの動作設定を可能とする機能を搭載しています。この機能を利用することで、FlashのActionScriptと近い使用感で、サーバーの動作を自由に設定できます。

GPSS Script Sockletを利用するメリット・デメリット

GPSS Script Sockletを利用する場合には以下のようなメリットがあります。
・ActionScriptを習得していれば容易に利用できる
・JAVAと異なりコンパイル操作を必要としないのでテスト・修正が容易

また以下のようなデメリットが考えられます。
・スクリプトエンジンにより解釈実行されるので、通常のSockletより多くの実行コストがかかる

上記のようなメリット・デメリットを考え合わせると、GPSS Script Sockletは以下のような場合、特に有効に活用できます。
・ユーザー数があまり多すぎない場合
・複雑な処理を必要と必要としない場合
・Socklet開発のプロトタイプ作成用として

スクリプトエンジンについて

スクリプトを解釈・実行する機能は、スクリプトエンジンによって提供されます。GPSSには2種類のスクリプトエンジン(Rhino/FESI)に対応したScript Sockletが付属しています。この記事では、よりActionScriptのように使用できるRhinoを用いた、RhinoScriptSockletの利用を前提としています。

次へ

現在このサイトを 人の方がみています